VANGELIS について

ヴァンゲリスが亡くなった。
個人的に大好きな映画 炎のランナーブレードランナー、そして日本映画 南極物語 の音楽を手掛けた人物。
YMOを知る前はシンセサイザーといえばこの人か
キース・エマーソンって感じだった。
炎のランナーは映画も大好きなんだけど、サントラも大好き。
炎のランナーのサントラはビルボードで1位にもなり、映画のオープニングに使われた タイトルズ はシングル化されてそちらも1位になっている。
サントラはアナログ盤でいえばB面は一曲だけ収録で20分におよぶ曲。
2003年にはリマスター盤が発売された。
ちなみにリマスター盤は輸入盤のみの発売だったはず。

炎のランナーのサントラが売れたあとだったからか、ヴァンゲリスの意向でブレードランナーのサントラは当時は発売されなかった。
ブレードランナーヴァンゲリスの既発の曲も使われていたし。
代わりにニュー・アメリカン・オーケストラによるサントラもどきのアルバムがリリースされている。
ブレードランナーの曲は日本でもCMにも使われていたけど、やはりニュー・アメリカン・オーケストラの音源が使われていた。
まあ個人的にはニュー・アメリカン・オーケストラの音源で満足していたけど。
Love ThemeとかBlade Runner Bluesは少し苦手で、Memories of GreenとかEnd TitleとかFarewellが大好き。

1989年にヴァンゲリスのベスト盤 ザ・ベリー・ベスト・オブ・ヴァンゲリス がリリースされた。
ここでヴァンゲリスによるブレードランナーの曲が少し聴けるようになった。
1994年にようやくヴァンゲリスブレードランナー サウンドトラックを発売したのだけど、映画公開当時に使用された音源のままではないらしい。
あと日本ではこの時、帯に「サウンドトラック」と記されたけど、ジャケットには「サウンドトラック」という表記はない…。
どうも映画公開時の音源ではなく再録されたものらしい。
映画本編のセリフとか入っているのも気になる。
2007年になって ブレードランナー オリジナル・サウンドトラック<25周年記念エディション> がリリースされた。
CD3枚組で1枚目は既発のサントラのリマスター盤、2枚目はサントラに収録されてなかった曲を収録。
3枚目は映画と直接関係ない新曲や未発表曲が収められた。
結局、今のところブレードランナーに使用された楽曲をきっちり収めたサントラ盤はいまだリリースされていないようだ。
あとMemories of Greenという曲はブレードランナーに使用されたけど、これはヴァンゲリスの1980年リリースのアルバム 流氷原 に収められたのがオリジナル。

日本映画の南極物語
当時、親が鑑賞券をもらったとかで一緒に見に行った。
個人的には映画を見に行ったらパンフレットとかも買うようにしているのだけど、南極物語はパンフレット持っていない。
一緒に行った親は買ってくれなかったし、仕方なく自分の小遣いで買おうとしたのだけど何故か親が許してくれなかった。
どうもうちの親は映画のパンフレットが大嫌いらしい。

炎のランナーブレードランナー南極物語のサントラはのちにレコードをレンタルしてよく聴いた。
さらに後にはサントラをCDで買ったのだけど、南極物語は輸入盤で買った。
ちなみに南極物語のジャケットは日本盤と海外盤では異なっている。
海外盤は南極の地図みたいので、日本盤のジャケットは映画のタロとジロが写されたもの。

テレビのBGMや学校の教材用の映像のBGMにはヴァンゲリスタンジェリン・ドリームの音楽がよく使われていたと思う。
あと、ヴァンゲリスのアルバムは1988年にリリースされた アルバム ダイレクト もよく聴いたな。
クロスオーバー・イレブンでも聴いた覚えがある。

YESのジョン・アンダーソンとヴァンゲリスによるジョン・アンド・ヴァンゲリスもあった。 
ヴァンゲリスはYESにメンバーとして加入する話もあったらしいがそれは実現しなかった。
でも、ヴァンゲリスとジョン・アンダーソンはお互いのアルバムに参加したあとにはジョン・アンド・ヴァンゲリスというユニットとしてアルバムをリリースしている。
1979年から1991年までに4枚のアルバムを出している。
ベスト盤も2枚ある。