YMO について その5

グラス・バレーのベスト盤 遥かなる光芒 -35th ANNIVERSARY BEST- のDisc2の収録曲が発表された。

Disc 2(Blu-ray

  • Live at INK STICK, SHIBAURA. FACTORY, Apr. 27th. 1987-

01.OPENING
02.白い旋律
03.DANCE IN THE HEAVEN
04.FREEZIN’
05.MORNING PLEASURE
06.MOON VOICE
07.CYNICAL SKY
08.SHAKE IT DOWN

  • Music Videos-

01.FREEZIN’
02.輝くほとりに
03.STYLE
04.MY LOVER
05.TV SHOP BOY
06.TRUTH
07.瓦礫の詩人
08.灰色のオリオン
09.ハッピネス
10.WE CAN DO  

11.IDENTITY CRISIS -Live at SHIBUYA KOKAIDO, Jun.3rd.1989-
12.星のジョーカー -Live at SHIBUYA KOKAIDO, Jun.3rd.1989-
13.灰色のオリオン -Live at NAKANO SUNPLAZA, Jul.2nd.1990-

デビューから一ヶ月してはじまった全国ツアーの最終日に収録され、当時関係者のみに配られたライブ映像も。
ファースト・アルバム(ミニ・アルバム)GRASS VALLEYリリースから間もない時期だった。
この時、すでにMOON VOICEが披露されている。
って9月にシングル MOON VOICEはリリースされたから、この時には出来上がっていたのか。
ところでMOON VOICEっPVなかったっけ?
なぜMOON VOICEのPVが収録されないのか…。

あと、TM NETWORKのHow Do You Crash It?threeが配信された。
あれ?
How Crush?のリリースが告知されると思っていたのだけど。
まあ、あと一曲新曲があるみたいだし、そのうち発売はされるのだろう。

1999年にYMOのリマスター盤が一斉に発売された。
各アルバムには細野晴臣のインタビューが載っていた。
個人的にはリマスターされたアルバムすべてを購入した。
実はライブ盤 アフターサーヴィスはそれまで買ったことがなかったのだけど、ここで初めて購入してしまった。
ブライアン・イーノがミックスしたコンプリート・サーヴィスは買っていたけど。
YMOのリマスター盤が発売時、特典でちょっとしたブックレットをもらった。
他にもステッカーや缶バッジとかも。
このあたりのノベルティは店舗によっていろいろ貰えたと思う。
同時に細野晴臣完全選曲監修のベスト盤、YMO GO HOME ! がリリースされた。
CD2枚組で、初回盤にはスリーヴ・ケースがついていた。
YMO GO HOME ! はYMO初の公式ベスト盤。
これまでのYMOのベスト盤にはメンバーが関わったことはなかった。
YMO GO HOME ! は細野晴臣・選曲ゆえか、比較的、細野・作曲の楽曲が多めだし、個人的にはINSOMNIAが選曲されているあたり良いベスト盤だと思う。
個人的には好きな曲はだいたい選曲されていたし。
ただし。
過激な淑女、そしてシングル 君に胸キュン。のB面のカオス・パニックが収録されていないのが不満。
この二曲はオリジナル・アルバムには未収録だから…。
あと中国女がオリジナルではなくて、写楽祭で演奏されたアコースティック・ヴァージョンだったことも不満。

2000年には高橋幸宏選曲・監修によるライブ・ベスト盤ONE MORE YMO
ウィンター・ライヴ1981で録音された3曲がこれまで未発表だったライブ音源。
このあたりが聴きものかな。
ONE MORE YMOはのちにボックス L-R TRAX Live&Rare Tracksにも収録された。
また、2007年にはジャケットを変更して再リリースされている。

IndoはPre YMO&Various Artistsという名義で発売された。
インドは、ファースト・アルバム制作した時に途中で作るのをやめてしまった曲。
高橋幸宏によるドラムも録音されていた。
作曲者である細野晴臣は、アルバム フィルハーモニーでこの曲にダビング作業を加えるもこの時も完成しなかった。
1998年になって倉庫よりマルチテープが発見され、細野は楽曲を完成させるとして5組のアーティストにリミックスを依頼。
細野自身もリミックスしたInDo 2000、さらにオリジナルに若干のミックスを施したInDo 1978と、アルバム Indoは
全7曲のアルバムとして発表された。

スケッチ・ショウについてもここに記しておく。
スケッチ・ショウにはアルバムやライブに坂本龍一が参加したりして、HAS、HASYMOとかのちのYellow Magic Orchestraの活動に密接に関係があると思われるので。

当初、高橋幸宏がソロアルバムを制作するにあたり細野晴臣をプロデューサーとして迎えたものの、途中から高橋・細野のユニットのアルバム制作に発展。
当初はオーディオ・スポンジというユニット名義でアルバムを発表するつもりだったが、この時の社会情勢的に狂牛病が問題があり、ユニット名義をスケッチ・ショウとすることに。
まず、スケッチ・ショウはコンピレーション・アルバム Strange Flowers Vol.1にはGOKIGEN IKAGA 1・2・3で参加。
細野晴臣・作曲のスネークマンショーの咲坂と桃内のごきげんいかが1・2・3 をリメイク。
オリジナルでは小林克也が咲坂守、伊武雅刀が畠山桃内というキャラクターを演じていた。
伊武雅刀宇宙戦艦ヤマトデスラーの声で「ふっふっふ。ヤマトの諸君」とかやっていた。
伊武雅刀は実際、宇宙戦艦ヤマトデスラーの声優だった。ちなみに1980年までは伊武雅之・名義。以降は伊武雅刀。)
GOKIGEN IKAGA 1・2・3では、細野晴臣高橋幸宏がボーカルを担当し、歌詞も変更されている。
「うるせーぞ!この野郎!」など様々な声が聴こえる。
GOKIGEN IKAGA 1・2・3はのちにアルバム オーディオ・スポンジにも収録された。
ストレンジフラワーズ収録時からさらにアレンジされ、「うるせーぞ!この野郎!」などは消えている。

アルバム オーディオ・スポンジ。
坂本龍一テイ・トウワも参加していた。
Wonderful To MeやSupereme Secretは坂本龍一・作曲の楽曲。
他に、ザ・サークルのTurn Down Day、マックス・スタイナーのTheme From A Summer Place(パーシー・フェイスによるカバー・バージョンが有名。)をカバー。
当時はかなり頻繁にプレイしたアルバム。
個人的にはTurn Turn、Theme From A Summer Placeが特に好き。
Turn TurnはPVも作られた。
Turn Turnを脳内で再生すると、サビのあとにNon-Standard Mixtureのサビのあとのシンセのフレーズがくっついてしまうのだけど。
個人的にはアルバム オーディオ・スポンジをリリース後に行われたライブに行った。
渋谷AX。
そのライブの模様はのちにDVD化された。
灰色の段階とか演奏したのがよかった。
あと、パンフを購入したのを覚えている。
アルバム オーディオ・スポンジ収録曲のほか、いくかの新曲が披露され、新曲はだいたい後にミニアルバム tronikaに収録された。
Chronographがめちゃよかった。
高橋・細野の振り付けがメチャ印象的だったZoetropeはスタジオ音源化されなくて、ライブDVDで見られる。
あと斬新なアレンジでのPure Jamが印象的。
この時のライブ、DVD化されてよかった…。
ちなみにライブには坂本龍一がゲストとして、そして小山田圭吾がギターで参加していた。
小山田圭吾がスケッチ・ショウのライブに参加したいきさつをしばし記す。

細野・高橋はコーネリアスのアルバム Pointをいたく気に入っていた。
NHK-FMスケッチショウのミュージック・パイロットという番組で高橋幸宏細野晴臣、そしてゲストの小山田圭吾が出演していた。
このとき高橋幸宏小山田圭吾に「コンサートがあるんだけど、一緒にやりませんか~?(笑)」と。
これがきっかけで小山田圭吾スケッチショウのライブに出演することになる。
このラジオでは小山田圭吾は小学生の頃、リアルタイムでYMOを聴いていたとも語っていた。
このラジオに出演後、小山田はYMOのライブにも参加したり、メタファイブのメンバーとなった。
高橋幸宏細野晴臣との付き合いは長い。
ちなみに1992年に発売されたYMOのボックス、テクノ・バイブルのブックレットには小山田圭吾(談)で「YMOについてはよく知らないので、言うことはありませんが、高橋幸宏さんとは隣でボーリングをしたことがあります」と記されている。

ミニアルバム tronika
曲ではchronographが圧倒的に好き。
このミニアルバムでは小山田圭吾が早速、リミックスとか仕事している。

アルバム LOOPHOLE。
FLY ME TO THE RIVER、STELLAが特に好き。
2002年に福澤もろが亡くなった。
Stellaは福澤もろへの追悼の意を込めて細野晴臣が書いた曲らしい。
アルバム LOOPHOLEの輸入盤をタワー⚪コードかレ⚪ファンでを見たことがあるような記憶がある。
国内盤との差があまりにも無かったので買わなかったけど。

2021年になってスケッチ・ショウはアルバム audio sponge、ミニアルバム tronika、アルバム LOOPHOLEをセットにして再リリース。
初回限定盤はDVD WILD SKETCH SHOW -SKETCH SHOW LIVE 2002- も含めてリリースした。
当然のごとく購入したけど、もうおよそ20年くらい経っていたのね。
あと個人的にはtronikaはミニアルバムだと思っているのだけど、このボックスでは一枚のアルバムとして扱われていて、ちょっと違和感。
だってtronikaの収録曲はアルバム LOOPHOLEとかぶってるし。