布袋寅泰 について

しばし布袋寅泰とは関係のない話を。
私が中学生の頃の話だ。
中学校を卒業するにあたって、担任教師へちょっとした感謝を伝えることがクラスで決まった。
何故かその時にクラス一同で歌をうたうってことで、長渕剛の乾杯を歌うことになった。
乾杯というと酒を飲む印象があって、その時は私たちとしてはもちろん成人にも満たないから酒を飲むわけではないが、なぜ乾杯?という違和感があったことを思い出す。
その頃の長渕は、個人的には家族ゲームの印象が強かった。
ちなみに、松田優作が主演の、森田芳光による映画版の家族ゲームは個人的にとても好きな映画。
私が高校生の頃は、長渕剛の ろくなもんじゃねえ がやたら流れる文化祭を経験した。
何故かそのせいか私は高校時代を思い出すと、脳内では♪ぴいぴいぴいってのが再生されたりする。
その同時代に、BOOWYは流行していたのだけど。

BOOWYをはじめて聴いたのはGIGS JUST A HERO TOUR 1986。
友人からカセットテープを借りて聴いた。
その友人もテープを他の人から録ってもらったらしい。
その時はただ、ふーんと思って聴いていたのだけど、BEAT EMOTIONがリリースされて、きちんとBOOWYを聴いた。
BOOWYってビート・バンドだと思っていたけど、意外にキーボードの音が入っていて驚いた。
ホッピー神山松武秀樹が参加していて。
TM NETWORKみたいにピコピコではないけど、ポップで聴きやすいバンドという印象。
その後、他のアルバムも耳にする機会があったりで。
そして、そのうちにBOOWYは解散してしまうわけだ。

個人的にはBOOWYで一番好きな曲はDancing In The Pleasure Landなんだけど、ベスト盤とかに収録されていないよね?
なぜなんだろうか?

氷室京介がソロ・デビューして、ANGELとかふーんと耳にしていたら、布袋寅泰がGUITARHYTHMでソロ・デビュー。
ホッピー神山が参加していたので気にはなっていた。
そうしたら、HITSという番組で布袋寅泰が特集された。
布袋寅泰の初ライブ GUITARHYTHM LIVEから何曲かをオンエアして、私はこれをビデオに撮って何度も繰り返して見た。
ライブではホッピー神山はもちろん、土屋昌巳、スティーブ衛藤がいてめちゃくちゃかっこよくて。
そしてすぐにアルバム GUITARHYTHMを購入して聴くことになる。
その年の年末年始には神社で二週間くらい交通整理のアルバイトをしたのだけど、その行き帰りにはずっとヘッドホン・ステレオでGUITARHYTHMを聴いていた記憶がある。
本当に好きで何度繰り返して聴いただろうか。
ところで、布袋初の単独ライブ、全編はいつDVDやBlu-rayになるのだろう?
あのライブ目当てでHOTEI LIVE JUKEBOXとか8 BEATのシルエット(CD+DVD)とかも買ったんだけど、数曲しか映像にはなっていない。
山下久美子が出てるから?
映像に問題あるなら音声だけでもいいのだけど。

アルバム GUITARHYTHMは、ほぼ全曲が好き。
カバー曲のC’MON EVERYBODYはジグ・ジグ・スパトニックな感じだけど
特にMATERIALS、DANCING WITH THE MOONLIGHT、CLIMB、GUITARHYTHMが好き。

アルバム GUITARHYTHMは2000年と2008年に出た再発盤(リマスター盤)も購入したくらい。

この後にでたコンプレックスのファースト・アルバムもけっこう好きで楽しめたのだけど、コンプレックスの2枚目やGUITARHYTHM IIになるとあまり楽しめなくて。
もしかしてコンプレックスのファースト・アルバムにはホッピー神山がいて、コンプレックスのセカンド・アルバムやGUITARHYTHM IIにはホッピー神山の不在が原因?と思っているのだけど。
GUITARHYTHM IIはBEAT EMOTION、PRISONER、DEVIL'S SUGARくらいかな、好きなの。

その後も布袋寅泰にはスリルやpoison、SUPERSONIC GERERATION、ももクロへの提供曲とか楽しませてもらったけど、GUITARHYTHMほど楽しめる作品がなくて。

ところで、布袋寅泰について書こうと思ったのは、布袋寅泰のソロでのアルバムの人気投票みたいなネット記事でGUITARHYTHM Iが1位だったのを見て。
ほら、最新の布袋が最高の布袋という標語みたいのがあるじゃん。
個人的には、いや最初のGUITARHYTHMは良かったけど、とかずっと思っていた。
そしたら、他の多くの人もやっぱ最初のGUITARHYTHMがいいってことで、安心してここまで書けたわ。

坂本龍一 について その3

坂本龍一について その2を記して思ったのだけど、個人的には坂本龍一で一番好きな曲ってもしかしてハンドメイズ・テイルの曲かなーとか考えている。
ここ数日も脳内でずっと繰り返し鳴っていて。
一般的には坂本龍一の曲では戦メリやenergy flow が知られていると思うのだけど、例えば今の30歳以下の人とかどうなのだろう?
坂本龍一は知られているのだろうか?
海外では戦メリよりもラスト・エンペラーの曲のが知られているような気がする。
個人的に語学留学の時、宿題で日記を書く(もちろん英語で)とかあったのだけど、日記とか書いてられるかと思って、個人的なことではなく、音楽とかテレビのこととかを書いて提出していた。
ある日には坂本龍一のこと(過去の経歴とかそれこそラスト・エンペラーでのアカデミー賞受賞のこととか)を記したのだけど、担当の教師には、は?サカモト?誰よ?って反応だった。
ああ、一般人にはアカデミー賞受賞者とかまあ知らないわな、とか思ったのだけど、個人的にも歴代の受賞者とか言われたらまあ知らないわな。
あと、私が二十歳くらいの頃には、YMOでは他のふたりのが好きだと思っていたけど、両親や周囲からは坂本龍一の大ファンみたいに思われていて。
ほら、テレビとかの映像では圧倒的に坂本の方がよく出ていたから。
まあ、YMOは三人とも好きだなあと思っている。

その後の坂本龍一はベルナルド・ベルトリッチの次作シェルタリング・スカイを手掛けた。
メインテーマほかを担当。
半分くらいは他の人が担当。
1993年にはマドンナの曲レインのPVに出演している。
出演依頼はPVの監督かららしく、マドンナ本人からではなかったよう。

ヴァージン・レーベル・アメリカを離れた坂本は、(当時は坂本個人のレーベルとして)グート・レーベルよりリリースを開始。

アルバム スウィート・リヴェンジ。
個人的にはLove and HateとPsychedelic Afternoonが好き。
Love and Hateは海外盤のシングルCDがリリースされたので入手。
Psychedelic Afternoonは海外盤ではオミットされてた。
この曲、歌詞はデヴィッド・バーンによるもの。

アルバム スムーチー。
このアルバム、好きな曲がほとんどなくて、美貌の青空くらいかなー。
この曲はボーカルを坂本自身が担当。

一方では、坂本が「ガキの使いやあらへんで」を番組閲覧したことから、後日に松本人志は「いっちょやな、世界の坂本に曲書いてもらって全米デビューするんですよ」と唐突に語り、ユニット名「GEISHA GIRLS」もその場で決まった。
以下略。

シングルのGrandma Is Still Alive、めっちゃ好き。
どちらかといえば、曲としてはテイ・トウワ作曲のKick & LoudはPVも作られてるし、いろいろな場面で使われていた印象もあるけど。
アルバム THE GEISHA GIRLS SHOW - 炎の おっさんアワーをプロデュース(テイ・トウワも)。
小室哲哉ボアダムスが参加していて、ある意味もうすごいアルバムですよ。

アルバム 1996。
ほとんど過去の作品をピアノ、ヴァイオリン、チェロのトリオ編成で再録音したアルバム。
唯一の新作が1919で、個人的にも好きな曲。

アルバム ディスコード。
ほぼ記憶なし。

アルバム ベリー・ベスト・オブ・グート。
The Other Side of Loveとか収録されている。

アルバム BTTB。
Aquaくらいしか記憶にない。

マキシシングル ウラBTTB。
energy flowが収録されていたので、180万枚売れたとかいう大ヒット作。

アルバム LIFE IN PROGRESS。
個人的には持っているという記憶しかないのだけど。

NEW ORDER について その2

アルバム リパブリックの後、ニュー・オーダーとの付き合いは、ベスト盤、ニュー・アルバム、ベスト盤、ニュー・アルバムという感じで。
だってリリースがそんな感じなんだもの。

1992年にファクトリー・レコードが破産。
個人的にはファクトリーの作品は日本盤を購入していたから、カタログ番号FAC XXX(数字)とか馴染みはないのだけど、音源だけでなく、セロテープとかハシエンダにいた猫とかファクトリー本社とかにも番号を振っていたのは面白い。
トニー・ウィルソンが亡くなったときも、彼の棺にもFAC501とか振られている。

ファクトリー破産後の1993年にリパブリックがリリース。
1994年にはザ・ベスト・オブ・ニュー・オーダー、翌年にはザ・レスト・オブ・ニュー・オーダーをリリース。
前者にはTrue Faithなど~94バージョンてのが4曲入っていたが、何故かオリジナルとの差異がほとんどなくパンチの無いバージョンだと思っている。
それにしても選曲もうーんとなるベスト盤。
後者はリミックス盤で、個人的には輸入盤の2枚組を買った。
ほとんど聴いた記憶がないのだけど。

1998年にレディング・フェスティバル出演。
実はニュー・オーダーは1993年のレディング・フェスティバル出演後に解散していたらしい。
そして同じレディング・フェス出演時に再結成という運びらしい。

2001年にアルバム ゲット・レディをリリース。
シングル Crystal2種とか買ったなー。
とりあえずこの曲は好き。
プライマル・スクリームボビー・ギレスピーとアンドリュー・イネスが参加したRock the Shack も好き。
スマッシング・パンプキンズビリー・コーガンが参加したTurn My Wayとかそれなりに話題はあった。
このアルバムリリース後からジリアン・ギルバートが離脱する。

そして翌年にはベスト盤。(笑)
24アワー・パーティー・ピープルのサントラもリリース。
映画は見てない。
ケミカル・ブラザーズと組んだHere to Stayは好き。
ベスト盤 インターナショナルは輸入盤(フランス盤の2枚組のやつ。2枚目はTemptationなど5曲を収録。)を買った。
そしてBOXセット、レトロですよ。
タ⚪ーレコードで5枚組の輸入盤を買った。

2005年、ウェイティング・フォー・ザ・サイレンズ・コール。
このアルバムからフィル・カニンガムが加入。
このアルバムはまったく印象に残ってなくて。
唯一、Kraftyの日本語ヴァージョンaがあったてくらい?
同年、またしてもベスト盤。
シングルズ。
タイトル通りシングル曲をまとめた変化球なしのCD2枚組。
意外に好き。

THE CURE について

私が美少年だった高校生の頃。
念のためにもう一度記す。
私が美少年だった高校生の頃だ。
どうして興味を持ったのか記憶にないのだけど、私が美少年だった高校生の頃、ザ・キュアーのベスト盤 スタンディング・オン・ア・ビーチをのレコードをレンタルした。
ちなみに、このベスト盤はLPとCDでタイトルは異なり、CDの場合はタイトルがステアリング・アット・ザ・シーになる。(収録曲数も変わる。)
どちらもタイトルはデビュー曲にある一節を使用している。
スタンディング・オン・ア・ビーチはその当時のシングル曲をすべて収録したベスト盤だからいい曲がたくさんあって、ほぼ全曲が好きなくらいなアルバム。
CD盤のが曲数多いけど、別に要らないくらいな。
確かキュアーは、この時期はまだそれほど大物として扱われるようなバンドではなかったはず。
すぐにキス・ミー、キス・ミー、キス・ミーで広く知られるようになり、さらにディスインテグレーションやウィッシュが大ヒットしてしまうのだけど。

ベスト盤 スタンディング・オン・ア・ビーチの中でも気に入ったのがThe Hanging Garden。
まだCDプレーヤーを持っていなかったのに、収録されているアルバムのポルノグラフィーを買ってしまっていたくらい。
だからポルノグラフィーは、私がCDプレーヤーを購入した日に聴いたアルバムだったはず。
The Hanging Gardenをスゲーと思っていたのに、さらにスゲーと思わせたOne Hudred Years。
他にもA Strange Day、Coldといった曲を収めたポルノグラフィーは、個人的に好きなアルバムの上位に今も居座っている。
リマスター盤(デモとか入っていた2枚組のやつ)が出た時にはすぐに買ってしまった。

そうしてCDのポルノグラフィーを堪能していたのだけど、そんなときにリリースされたのがアルバム ディスインテグレーション。
確かシングルのLullaby(輸入盤)が先行で出ていたと思う。
そのシングルCDをタ⚪ーレコードで買ったのを記憶している。
いわゆる3インチCD。
ジャケットもそのサイズに合わせてちっちゃくて。
タイトル曲Lullabyはもちろん、収録されていたBabble、Out of Mindも気に入った。
そしてアルバム ディスインテグレーションが発売された。
もちろんCDで購入した。
Plainsong、Closedown、タイトル曲のDisintegrationが特に好きかなー。
Disintegrationなんて8分を超える曲なのに全く飽きない。
いまだに大好きな曲ですわ。
はじめに買った輸入盤は傷つけちゃったので国内盤を買って、2010年にはリマスター盤(CD3枚組)を購入。
1991年にはディスインテグレーション・ツアーよりウェンブリー・アリーナ公演を収録したアルバム エントリートがリリース。
なお、本国イギリスではエントリートは、キュアーのアルバム2枚以上買ったら購入者特典としてもらえたらしいが、日本では普通に売られていた。
ただ、ブックレットが付いて限定盤としてだけど。
エントリートはのちにはディスインテグレーションのリマスター盤のCD3に、完全版としてディスインテグレーション全曲のライブ音源を収録されていた。
ところで、ディスインテグレーションをリリースの際にローレンス・トルハーストが解雇された。
ローレンス・トルハーストは曲によってはその名がクレジットされていたし、ロバート・スミスの幼なじみであり、キュアーはメンバーがロバートとローレンスの二人きりのときもあったというのに。
その後も気になったのでローレンス・トルハーストのバンド、プレゼンスを買って聴いてみたことがある。
まあまあよかったと思ったのだけど。

1990年にはリミックス曲を集めたアルバム ミックスド・アップをリリース。
新曲としてNever Enough収録。
いやー大嫌いなアルバムですわ。
個人的にはリミックス嫌いな人としては。

後に再リリースされている。
こんなの再リリースしなくていいのにさー。
しかも3枚組に大増量までして!
さすがに買わなかったけどな!

NEW ORDER について

ニュー・オーダーを初めて聴いたのは、NHK-FMでライブを放送していたとき。
1987年のグラストンベリー・フェスティバル出演時の音源だった。
後にこのときのライブはCD化されている。
ラジオではTouched by the Hand of God はオミットされていたが、CDでは収録されている。
ちなみにこのライブは二度CD化されたはずで、それぞれでジャケが異なっている。
個人的には両方所有している。
このライブでニュー・オーダーが気になって、アルバム サブスタンスを購入した。
サブスタンスはTemptation、Confusionが何故か再録されていて、それぞれのオリジナルのヴァージョンを耳にするのは10年くらい後になる。

アルバム サブスタンスは、ニュー・オーダーがリリースした12インチ・シングルをまとめたもの。
初期のニュー・オーダーは、アルバムにシングル曲はいれないと決めていたようだったから、シングル曲をまとめて聴けるという点でサブスタンスを購入したのはよかった。
ちなみに、ディスク1には12インチ・シングルのA面、ディスク2は12インチ・シングルのB面が入っていたのだけど、個人的にディスク2を聴いたのは数回しかないはず。
一般的にファンには人気の高い1963とか入っていたのに。
あと、何故かディスク2の3曲目はMeshと表記されているが、実際にはCries and Whispersが収録されているのだけど。
収録曲では他には意外とShellshockが好き。
後にはプリティ・イン・ピンクのサントラも購入してしまった。
サブスタンスは12インチシングル×12にこだわったのか、同年に出たTouched By The Hand Of Godは収録されていない。
好きな曲なのに。
あと、この記事を記しながら脳内にはSub cultureが鳴り続けているのだけど。
もしかして好きなのだろうか?

Bizarre Love Triangleが特に気に入ってたので、アルバム ブラザーフッドを購入した。
ブラザーフッドに収録されていたBizarre Love Triangleのがシンプルで過剰なアレンジがされていなくて、こちらのバージョンのが好き。
というか、サブスタンスではBizarre Love Triangleを聴かなくなった。
あと、Every Little Countsも好き。

名盤とされる権力の美学。
Your Silent Faceが好き。
ニュー・オーダーの曲で三本の指に入る曲だと思っている。

ロウ・ライフ。
ジャケがスティーヴン・モリスなのは何故なのだろうか?
アルバム・ヴァージョンのSub-cultureが好き。

テクニーク。
1989年リリース。
リアルタイムで聴いた初めてのニュー・オーダーのアルバム。
イビサ島でレコーディングされ、スティーヴン・モリスとジリアン・ギルバートが制作しているなか、バーナード・サムナーとピーター・フックは遊び回っていたというけど、本当なのだろうか?
シングルにもなったRound and Round、Vanishing Point、
Dream Attack(特に後半)が好き。

翌年にはシングルWorld in Motionリリース。
あまり好きでなかったなー。

この頃にサルベーションのサントラを中古店で見つけて買った。
個人的にはTouched By The Hand Of Godはここに入っていたのが基本。

アルバム リパブリック。
実は好きといえる曲が全く皆無。
一般的にはリグレットとかが人気なのだろうか。

ついでに記すと、ニュー・オーダーの代表曲とされるブルー・マンデーが全く好きではなくて。
今ここに記すときに久しぶりに聴いてみたのだが、イントロで意外にいけるかも、とか思ったのだが、シンセ・ベースが入ったところでやはり駄目となった。
フッキー自身のベースが入ったところで脱落してしまった。
あと、Fine TimeとかRegretが全く駄目なんだよなー。
私自身ではニュー・オーダーは好きなバンドとか思っているのだけど。

ニュー・オーダーは、テクニークとリパブリックの間に各メンバーがサイド・プロジェクトを手掛けている。
バーナード・サムナーがジョニー・マーとのエレクトロニック(あとペット・ショップ・ボーイズのニール・テナントとか)、スティーヴン・モリスとジリアン・ギルバートがジ・アザー・トゥー。
そしてピーター・フックのリヴェンジ。
このリヴェンジのアルバム One True Passionが個人的には大好きだった。
シングルの7 Reasons、Pineapple Face、Slaveがわりと好き。
特にPineapple Faceが好きだったなー。
7 ReasonsとPineapple Faceなんか別のバンド?って感じなんだけど。
ところどころニュー・オーダーっぽいところがあるところも好きだなぁ。
このあとのGun World Porn、2004年に再販されて2枚組になったONE TRUE PASSION V 2.0とかも持っている。

INXS について

インエクセスを知ったのは、MTVのトップ20でチャートインした What You Need を見て。
すごくノリのいい曲だったなー。
そして少ししてから同じくMTVで多分(その時の)過去の映像だと思うのだけど、オーストラリアの受賞式でのライブ演奏を見た。
曲は Burn for you 。
めちゃくちゃかっこいい曲だと思った。
シンセサイザーが結構全面に出た曲で。
インエクセスはあまりシンセというか鍵盤は控えめだと思うのだけど、世界的にヒットしだす前は割とシンセの音バンバンだと思う。
アルバム シャブー・シュバーの The One Thing 、
次のアルバム スウィングの Oirginal Sin 、The Swing 、Burn for You 、そしてリッスン・ライク・シーヴズでは What You Need 、This Time 、 Same Direction が好き。
世間的には大ヒットした キック や X は個人的にはあまり好きではなかったけど、次の ホエアエヴァー・ユー・アーでは冒頭の Question 、続く Heaven Sent とか好き。
これは輸入盤で買ったけど、パッケージが普通のと違っていて面白かったなー。
その後のアルバムは聴いたことがない。
ベスト盤はいくつか買ったけど。

そしてボーカルのマイケル・ハッチェンスが亡くなって。
あと、嫁も2000年に亡くなっていたのね。
インエクセスはその後は新しいボーカルもなかなか決まらず、あまりアルバムとか出せなかった。
ちょっとあれだけ活躍したのに、後年は淋しい活動ぶりだったね。
あと、サントラ提供曲の Good Times ってかっこいい曲だなーって記すつもりなんだったけど、カバーだったのか。
知らなかった。
でも、かっこいい曲だね。

坂本龍一 について その2

高校生のとき、友達から借りたのが、メディア・バーン・ライブ をカセットテープに録ったもの。
メディア・バーンは坂本龍一のソロでは初のツアー。
当時の坂本のベスト・アルバムといっていい内容だと思う。
当時はそれなりに聴いたはず。
EX-JAZZ はちょっと苦手な曲。
ゴリラがバナナをくれる日、DEAR LIZは初音源化だし、SLEEP ON MY BABYとか当時はオリジナルがどこに収録されているか分からなかった記憶がある。

YMOが気になった頃、他の友達からB-2ユニット の入った古いカセットテープをもらった。
WAR HEADがA面のラストに、Lexington QueenがB面ラストに入ってた。
後にB-2 ユニットのCDを買ったときにそのテープは捨ててしまった。
B-2 ユニットは結構好きなアルバム。
Iconic StorageとRiot in Lagosは特に好き。

数年くらい前からドラマ 侍女の物語 ハンドメイズ・テイルがHuluでやっているが、30年位前には映画化されていて、そこでは坂本龍一が音楽を担当していた。 
1990年くらいの数年間はクリスマス時期の深夜に坂本龍一のテレビ特番があったと記憶している。
その特番のはじめかな?
坂本がハンドメイズ・テイルを演奏していて、それが好きだった。
数年後の特番ではビアノの連弾を誰かとしている映像が記憶に残っている。
結構大物な人物との連弾だったはず。
確か連弾の相手がスゴすぎてその時の坂本は押され気味だったような記憶がある。
もう一度見て見たい。
サントラは海外盤を購入したのだが、長い曲が2曲入ったサントラで、あまりちゃんと聴いていない。 
YouTubeでHandmaids Tailと検索すると上に記した特番の映像だと思うけどそれが挙がる、それが好きだなー。

そして1991年の年末だったと思う。
MIDI時代のボックスセットを購入した。
坂本龍一 コレクションというやつ。
箱を覆う裏面に坂本のビデオテープをプレゼントとか書いてあったと思うのだけど、購入時には期間切れとかでもらえなかった。
8枚組のやつで、中身(ブックレットとCD本体)をビニールのCDケースに入れて保管していたら、数年くらいしてブックレットにビニールがくっ付いてブックレットを破いてしまった。
後にアルファとMIDI時代のボックスが出ていて、ディスクユ⚪オンで中古で買った。
こっちのは10枚組で、左うでの夢からメディア・バーンまでのCDが揃うのかな。
ボックスがちゃちい出来なんだよなー。

1992年、米国にいたときにアルバム ハートビートのアメリカ盤が出た。
実は前年リリース当時に日本盤を買っていたのだけど、収録曲が好きになれなくて。
nuagesくらいかな、好きなの。
カヴァー曲らしい。
ジャケットは広げて見るやつだったけど、きちんと広げられない変な仕様だった。
きちんと見るためにハサミを入れた。
アメリカ盤はコレクションという気で買った。
私はあまり興味なくて、友達になった米国人が私が持っていたヘッドホンステレオで飛ばし飛ばし聴いていたと思ったら、なんか聴き入っていた。
ラストの曲を聴き入ったらしい。
そしたら米国盤はTAINAI KAIKIがTAINAI KAIKI IIになってボーカルもデヴィッド・シルヴィアンに代わっていた。
私も聴いて気に入ってしまった。
友人も自分でCDを買っていたしよかったよかった。
帰国したらTAINAI KAIKI IIはシングルCDになっていた。
後には坂本のベスト盤 US、デヴィッド・シルヴィアンのベスト盤Everything and NothingとA Victim of Stars 1982–2012にもそれぞれ収録されている。
個人的にも好きな曲だし、世間的にも重要曲だよね?