NEW ORDER について その2

アルバム リパブリックの後、ニュー・オーダーとの付き合いは、ベスト盤、ニュー・アルバム、ベスト盤、ニュー・アルバムという感じで。
だってリリース順がそんな感じだったんだもの。

1992年にファクトリー・レコードが破産。
個人的にはファクトリーの作品は日本盤を購入していたから、カタログ番号FAC XXX(数字)とかに馴染みはないのだけど、レコードやCDだけでなく、セロテープとかハシエンダにいた猫とかファクトリー本社とかにも番号を振っていたのは面白い。
トニー・ウィルソンが亡くなったときも、彼の棺にはFAC501とか振られている。

ファクトリー破産後の1993年にアルバム リパブリックがリリース。
1994年にはザ・ベスト・オブ・ニュー・オーダー、翌年にはザ・レスト・オブ・ニュー・オーダーをリリース。
前者にはTrue Faithなど~94バージョンてのが4曲入っていたが、何故かオリジナルとの差異がほとんどないし、いまひとつパンチに欠けるバージョンだと思っている。
それにしても選曲もうーんとなるベスト盤。
ザ・レスト・オブ・ニュー・オーダーはリミックス盤で、個人的には輸入盤の2枚組を買った。
ほとんど聴いた記憶がないのだけど。

1998年にレディング・フェスティバル出演。
実は、ニュー・オーダーは1993年のレディング・フェスティバル出演後に解散していたらしい。
そして同じレディング・フェス出演時に再結成という運びらしい。

2001年にアルバム ゲット・レディをリリース。
シングル Crystal2種とかも買ったなー。
とりあえずこの曲は好き。
プライマル・スクリームボビー・ギレスピーとアンドリュー・イネスが参加したRock the Shack も好き。
他にも、スマッシング・パンプキンズビリー・コーガンが参加したTurn My Wayとかそれなりに話題はあった。
このアルバムリリース後にはジリアン・ギルバートが子息の看護に専念するとして離脱する。

そして翌年にはベスト盤。(笑)
24アワー・パーティー・ピープルのサントラもリリース。
映画は見てない。
ケミカル・ブラザーズと組んだHere to Stayは好き。
ベスト盤 インターナショナルは、輸入盤(フランス盤の2枚組のやつ。2枚目はTemptationなど5曲を収録。)を買った。
そしてBOXセット、レトロですよ。
タ⚪ーレコードで5枚組の輸入盤を買った。
プライマル・スクリームボビー・ギレスピーも選曲に関わっていて、ディスク4のLiveを担当していた。

2005年、ウェイティング・フォー・ザ・サイレンズ・コール。
このアルバムからフィル・カニンガムが加入。
このアルバムはまったく印象に残ってなくて。
唯一、Kraftyの日本語ヴァージョンがあったくらい?

同年、またしてもベスト盤。
シングルズ。
タイトル通りシングル曲をまとめた変化球なしのCD2枚組。
ニュー・オーダーとしてデビュー時からのシングル曲をまとめたもので、意外と好き。