坂本龍一 について その3

坂本龍一について その2を記して思ったのだけど、個人的には坂本龍一で一番好きな曲ってもしかしてハンドメイズ・テイルの曲かなーとか考えている。
ここ数日も脳内でずっと繰り返し鳴っていて。
一般的には坂本龍一の曲では戦メリやenergy flow が知られていると思うのだけど、例えば今の30歳以下の人とかどうなのだろう?
坂本龍一は知られているのだろうか?
海外では戦メリよりもラスト・エンペラーの曲のが知られているような気がする。
個人的に語学留学の時、宿題で日記を書く(もちろん英語で)とかあったのだけど、日記とか書いてられるかと思って、個人的なことではなく、音楽とかテレビのこととかを書いて提出していた。
ある日には坂本龍一のこと(過去の経歴とかそれこそラスト・エンペラーでのアカデミー賞受賞のこととか)を記したのだけど、担当の教師には、は?サカモト?誰よ?って反応だった。
ああ、一般人にはアカデミー賞受賞者とかまあ知らないわな、とか思ったのだけど、個人的にも歴代の受賞者とか言われたらまあ知らないわな。
あと、私が二十歳くらいの頃には、YMOでは他のふたりのが好きだと思っていたけど、両親や周囲からは坂本龍一の大ファンみたいに思われていて。
ほら、テレビとかの映像では圧倒的に坂本の方がよく出ていたから。
まあ、YMOは三人とも好きだなあと思っている。

その後の坂本龍一はベルナルド・ベルトリッチの次作シェルタリング・スカイを手掛けた。
メインテーマほかを担当。
半分くらいは他の人が担当。
1993年にはマドンナの曲レインのPVに出演している。
出演依頼はPVの監督かららしく、マドンナ本人からではなかったよう。

ヴァージン・レーベル・アメリカを離れた坂本は、(当時は坂本個人のレーベルとして)グート・レーベルよりリリースを開始。

アルバム スウィート・リヴェンジ。
個人的にはLove and HateとPsychedelic Afternoonが好き。
Love and Hateは海外盤のシングルCDがリリースされたので入手。
Psychedelic Afternoonは海外盤ではオミットされてた。
この曲、歌詞はデヴィッド・バーンによるもの。

アルバム スムーチー。
このアルバム、好きな曲がほとんどなくて、美貌の青空くらいかなー。
この曲はボーカルを坂本自身が担当。

一方では、坂本が「ガキの使いやあらへんで」を番組閲覧したことから、後日に松本人志は「いっちょやな、世界の坂本に曲書いてもらって全米デビューするんですよ」と唐突に語り、ユニット名「GEISHA GIRLS」もその場で決まった。
以下略。

シングルのGrandma Is Still Alive、めっちゃ好き。
どちらかといえば、曲としてはテイ・トウワ作曲のKick & LoudはPVも作られてるし、いろいろな場面で使われていた印象もあるけど。
アルバム THE GEISHA GIRLS SHOW - 炎の おっさんアワーをプロデュース(テイ・トウワも)。
小室哲哉ボアダムスが参加していて、ある意味もうすごいアルバムですよ。

アルバム 1996。
ほとんど過去の作品をピアノ、ヴァイオリン、チェロのトリオ編成で再録音したアルバム。
唯一の新作が1919で、個人的にも好きな曲。

アルバム ディスコード。
ほぼ記憶なし。

アルバム ベリー・ベスト・オブ・グート。
The Other Side of Loveとか収録されている。

アルバム BTTB。
Aquaくらいしか記憶にない。

マキシシングル ウラBTTB。
energy flowが収録されていたので、180万枚売れたとかいう大ヒット作。

アルバム LIFE IN PROGRESS。
個人的には持っているという記憶しかないのだけど。