布袋寅泰 について

しばし布袋寅泰とは関係のない話を。
私が中学生の頃の話だ。
中学校を卒業するにあたって、担任教師へちょっとした感謝を伝えることがクラスで決まった。
何故かその時にクラス一同で歌をうたうってことで、長渕剛の乾杯を歌うことになった。
乾杯というと酒を飲む印象があって、その時は私たちとしてはもちろん成人にも満たないから酒を飲むわけではないが、なぜ乾杯?という違和感があったことを思い出す。
その頃の長渕は、個人的には家族ゲームの印象が強かった。
ちなみに、松田優作が主演の、森田芳光による映画版の家族ゲームは個人的にとても好きな映画。
私が高校生の頃は、長渕剛の ろくなもんじゃねえ がやたら流れる文化祭を経験した。
何故かそのせいか私は高校時代を思い出すと、脳内では♪ぴいぴいぴいってのが再生されたりする。
その同時代に、BOOWYは流行していたのだけど。

BOOWYをはじめて聴いたのはGIGS JUST A HERO TOUR 1986。
友人からカセットテープを借りて聴いた。
その友人もテープを他の人から録ってもらったらしい。
その時はただ、ふーんと思って聴いていたのだけど、BEAT EMOTIONがリリースされて、きちんとBOOWYを聴いた。
BOOWYってビート・バンドだと思っていたけど、意外にキーボードの音が入っていて驚いた。
ホッピー神山松武秀樹が参加していて。
TM NETWORKみたいにピコピコではないけど、ポップで聴きやすいバンドという印象。
その後、他のアルバムも耳にする機会があったりで。
そして、そのうちにBOOWYは解散してしまうわけだ。

個人的にはBOOWYで一番好きな曲はDancing In The Pleasure Landなんだけど、ベスト盤とかに収録されていないよね?
なぜなんだろうか?

氷室京介がソロ・デビューして、ANGELとかふーんと耳にしていたら、布袋寅泰がGUITARHYTHMでソロ・デビュー。
ホッピー神山が参加していたので気にはなっていた。
そうしたら、HITSという番組で布袋寅泰が特集された。
布袋寅泰の初ライブ GUITARHYTHM LIVEから何曲かをオンエアして、私はこれをビデオに撮って何度も繰り返して見た。
ライブではホッピー神山はもちろん、土屋昌巳、スティーブ衛藤が参加していてめちゃくちゃかっこよくて。
そしてすぐにアルバム GUITARHYTHMを購入して聴くことになる。
その年の年末年始には神社で二週間くらい交通整理のアルバイトをしたのだけど、その行き帰りにはずっとヘッドホン・ステレオでGUITARHYTHMを聴いていた記憶がある。
本当に好きで何度繰り返して聴いただろうか。
ところでGUITARHYTHM LIVE、全編はいつDVDやBlu-rayになるのだろう?
あのライブ目当てでHOTEI LIVE JUKEBOXとか8 BEATのシルエット(CD+DVD)とかも買ったんだけど、数曲しか映像にはなっていない。
山下久美子が出てるから?
映像に問題あるなら音声だけでもいいのだけど。

アルバム GUITARHYTHMは、ほぼ全曲が好き。
カバー曲のC’MON EVERYBODYはジグ・ジグ・スパトニックな感じだけど
特にMATERIALS、DANCING WITH THE MOONLIGHT、CLIMB、GUITARHYTHMが好き。

アルバム GUITARHYTHMは2000年と2008年に出た再発盤(リマスター盤)も購入したくらい。

この後にでたコンプレックスのファースト・アルバムもけっこう好きで楽しめたのだけど、コンプレックスの2枚目やGUITARHYTHM IIになるとあまり楽しめなくて。
もしかしてコンプレックスのファースト・アルバムにはホッピー神山がいて、コンプレックスのセカンド・アルバムやGUITARHYTHM IIにはホッピー神山の不在が原因?と思っているのだけど。
GUITARHYTHM IIはBEAT EMOTION、PRISONER、DEVIL'S SUGARくらいかな、好きなの。

その後も布袋寅泰にはスリルやpoison、SUPERSONIC GERERATION、ももクロへの提供曲とか楽しませてもらったけど、最初のGUITARHYTHMほど楽しめる作品がなくて。

ところで、布袋寅泰について書こうと思ったのは、布袋寅泰のソロでのアルバムの人気投票みたいなネット記事でGUITARHYTHM Iが1位だったのを見て。
ほら、「最新の布袋が最高の布袋」という標語?みたいのがあるじゃん。
個人的には、いや最初のGUITARHYTHMは良かったけど、とかずっと思っていた。
そしたら、他の多くの人もやっぱ最初のGUITARHYTHMが一番いいってことで、安心してここまで書けたわ。