細野晴臣 について その2

細野晴臣omni Sight Seeing を気に入ったあと、1990年にアルファ・レコードのベスト盤CD 決定版 細野晴臣ベスト・セレクション をちょうど出た時に購入した。
細野晴臣はソロではアルファ時代、アルバム はらいそ、アルバム フィルハーモニー、シングル 三国志のテーマ とあとザ・ベスト・オブ・ビデオ・ゲーム・ミュージック くらいしかリリースしなかったはず。
決定版 細野晴臣ベスト・セレクション でも アルバム はらいそ、フィルハーモニー三国志のテーマ が収録されていた。
ジャケットがなんというか、あまり印象に残りにくい絵が描かれていた。
このベストの はらいそ は「この次はモア・ベターよ!」がカットされていた。
ラスト2曲には 夢見る約束 と ウォリー・ビーズ が収録されていた。
この2曲が特に印象的だったな。

決定版 細野晴臣ベスト・セレクション が出た後、すぐに テイチクからノン・スタンダードとモナドのCD群が再発された。
確か一枚2000円くらいで再発され、価格的に買いやすかった。

・S-F-X
・コインシデンタル・ミュージック
・マーキュリック・ダンス
・パラダイス・ビュー
・エンドレス・トーキング
銀河鉄道の夜

テイチクの社長であった 南口重治 は夢枕に 細野晴臣 が立っていたことから、当時 YMO を散開したばかりの 細野 を招聘することに。
ノンスタンダードとモナドというレーベルを立ち上げることになった。
ノンスタンダード・レーベルからは 細野晴臣 の Making of NON-STANDARD MUSIC/Making of MONAD MUSIC が第一弾として1984年11月にリリースされた。
翌月にはS-F-Xをリリース。
CD版のS-F-Xは翌1985年の2月に発売された。
CD版のS-F-Xには Making of NON-STANDARD MUSIC/Making of MONAD MUSIC 収録曲も収められていた。
BODY SNATCHERS(SPECIAL MIX)は英語詞によるめちゃカッコいい曲だった。
BODY SNATCHERSには(SPECIAL MIX)とついていたのが気になっていたけど、BODY SNATCHERS にはオリジナルがあったとは知らなかった。
S-F-XのLP盤では BODY SNATCHERS の内容もそんな変わらないのだろうとか思っていた。
2000年にHOSONO BOX 1969-2000を購入したときに、初めてオリジナルの BODY SNATCHERSを 聴いた。
歌詞は日本語が多く、ミックスとか全然違う。
正直、BODY SNATCHERS(SPECIAL MIX)のがめちゃカッコいいと思う。
2001年になってMaking of NON-STANDARD MUSIC / Making of MONAD MUSIC と S-F-X がオリジナルLP(12inch)の通りの内容でCDが再発された。
グロビュール本は流石になかったけど。
BODY SNATCHERS(SPECIAL MIX)はその時以降CD化されていないはず。
HOSONO BOX にはBODY SNATCHERS(SPECIAL MIX)で収録して欲しかったな-。
この(SPECIAL MIX)と F.O.E でのRETURN OF BODY SNATCHERSとではほぼ差が無いと思っているのだけど、違いはリズムの連打のとことか?
Non-Standard Mixture は7分を越える曲。
はじめて聴いたときからなんとなく聴いたことがあると思ってたのだけど、初出当時はナムコのCMに使われていたようだ。
当時はまったく意識してなかったけど、私もCMを耳にしていたんだろう。
DARK SIDE OF THE STAR 地球の夜にむけての夜想曲 もめっちゃ好き。
ALTERNATIVE 3 第3の選択 もよくわからない曲だなと思いながらめっちゃ聴いたわ。
ところでMaking of NON-STANDARD MUSIC / Making of MONAD MUSICのアナログ盤発売当時はオールカラー176ページの本 グロビュール が同封された。
え、オールカラー176ページ!
いまだに見たことないのでちょっと見てみたい。

銀河鉄道の夜
アニメ映画 銀河鉄道の夜 のサントラ。
宮沢賢治銀河鉄道の夜ますむらひろし がコミック化したのを劇場アニメ化。
監督・杉井ギサブロー
サントラ収録曲中で4曲が越美晴・作曲。
星めぐりの歌宮沢賢治・作曲。
ここではネジ巻き?されたような編曲。
このサントラは2018年に 銀河鉄道の夜・特別版としてCD2枚組でリリースされた。
銀河鉄道の夜細野晴臣 (と越美晴)のサントラは一般でもかなり評価が高いようだ。
個人的には メイン・タイトル、プリオシン海岸、エンド・テーマ「銀河鉄道の夜」が特に好き。
燐光の原 も聴き入ってしまった。

モナド・レーベルでは当初、新人や若手の作品もリリースする予定だった。
結果的には細野晴臣のアルバム4点のみのリリースにとどまった。
コインシデンタル・ミュージック は当時、細野晴臣によるTVのCM曲を集めたアルバム。
すべてCMのために作られた曲だけど、銀河鉄道の夜〜ピアノ・ヴァージョン は例外じゃないのだろうか。
中国の人 は後にHISで 日本の人 としてリメイクされ、歌詞がついて忌野清志郎が歌った。
個人的には コインシデンタル・ミュージック収録曲では ノルマンディア、サヨコスカッティ が好き。
特に サヨコスカッティ。
コインシデンタル・ミュージックはモナドの4枚ではいちばん聴いた。
ちなみにコインシデンタル・ミュージック収録曲はYEN時代に作曲されたものも含む。
例えばサヨコスカッティはLDKスタジオで作られた。

マーキュリック・ダンス。
モナドの4枚ではいちばん聴いていない一枚。

パラダイス・ビュー。
冒頭の The Image Of A Paradise 、ラストの The Paradise View が好き。
Wheels On Fire、The Truck On The Sea もよく聴いたなー。
映画は1990年くらいに映画館じゃないところで上映されたのを見に行った。
映画を見た建物は確か1階が居酒屋だったのだけど、あれは一体何の建物だったのだろう?
確かその居酒屋のなかを通ったところに階段があり、階段を上って3階か4階で映画は上映された。
その後、その建物にはその後行ったことはない。
ビデオとか除いて映画館以外で映画を見たのは、学校の体育館とこの時だけだと思う。

エンドレス・トーキング。
イタリア、ジェノヴァ市で開催されたジャパン・アヴァンギャルド・オブ・ザ・フューチャー展に出品された13体のオブジェからそれぞれ流されるエンドレス・テープの音楽を細野晴臣が依頼された。
細野晴臣は当時製作していた 銀河鉄道の夜 のレコーディングを一日だけ中断して13曲を作った。
13曲の収録曲にはMaking of NON-STANDARD MUSIC/Making of MONAD MUSIC の ミディアム・コンポジション銀河鉄道の夜 の曲をモチーフにしたような曲も。

細野晴臣と野中英紀(元インテリア)、西村昌敏(西村麻聡。のちにフェンス・オブ・ディフェンス結成。)によるF.O.E
F.O.Eの曲はHOSONO BOXや星野源小山田圭吾による細野晴臣のベスト盤でも選曲されていない。
個人的にもほぼ聴き返したことが少ない。
細野晴臣では黒歴史化されているような。

THE WORLD OF F.O.E
FRIEND OR FOE? と DECLINE OF O.T.T をCD1枚に収録した編集盤。
個人的にはおそらくF.O.Eではじめに聴いたのはこれだと思う。

FRIEND OR FOE?
WORLD FAMOUS TECHNO POP。
歌詞にKRAFTWERKDAFOMDYMOの名前が歌われている。
クラフトワークのTRANS-EUROPE EXPRESSではデビッド・ボウイイギー・ポップの名が歌われていたけど、そのあたりを参考したのだろうか。
越美晴の声も印象的。
BODY SNATCHERSやSTRANG LOVEが再演されている。
STRANGE LOVE (Fonk Version)では野中英紀の声が結構目立っている。
OTT MANIFEST。
細野晴臣+ラップは ラップ現象 からあるけど、その過剰な音ぶりはOTT MANIFESTが頂点。

DECLINE OF O.T.T
細野晴臣が作曲で絡んでいるのは DANCE HALL のみ。
なお、作曲は細野晴臣・野中英紀と共作。

F.O.E. SEX,ENERGY & STAR
細野晴臣黒歴史
F.O.E.のライヴはジェームス・ブラウンの前座という暴挙だった。
細野晴臣はのちに 「つらかった」「あれがきっかけで事務所を辞めたしね」と語っている。
細野晴臣 とまっていた時計がまたうごきはじめた)
JBのカヴァーのSex Machine、ドクター・ジョンのカヴァーのRight Place Wrong Time であとは野中英紀や西村麻聡によるオリジナル。
コシミハルも数曲で参加している。
ちなみに SEX,ENERGY & STARのトラックダウン終了後に細野晴臣は骨折してしまう。
その月末にはテイチクとの契約更新があったのだが、細野晴臣は契約更新をしていない。
ちなみにその前月には 吉田喜重・監督 の 人間の約束 の音楽をレコーディングしている。
人間の約束 のサントラはリリースしなかった。
そのサントラからは ommi Sight Seeing に Ohenro-San が収録されている。
4月には COME★BACK をSixtyレコードからリリースしている。
細野晴臣が離脱後もノンスタンダードからはしばらくリリースは続いた。

SEX,ENERGY & STARは、個人的には2008年になってタワー⚪コードで紙ジャケCD化されたのをはじめて購入した。

2002年にはマーキュリック・ダンス、パラダイス・ビュー、エンドレス・トーキング、コインシデンタル・ミュージックの4枚を収めたボックス・セット MONAD BOX が発売された。
MONAD BOX 。
収録のアルバム4枚はそれぞれ紙ジャケ化されて収められていた。
一応購入したけど、久しぶりに一度聴いただけだったと思う。
2008年にはS-F-X、銀河鉄道の夜F.O.EのSEX,ENERGY & STAR、THE WORLD OF F.O.Eが紙ジャケ化されている。
同時にモナドの4枚のCDも紙ジャケ化され、この4枚はタ⚪ーレコード限定で発売された。
この紙ジャケのなかでは SEX,ENERGY & STAR だけ買った。
何故ならそれまで SEX,ENERGY & STAR は持っていなかったから。

2019年には ノンスタンダードのBOXが発売された。
non-standard collection ノンスタンダードの響き。
CD4枚組の全64トラック。
64トラックには曲ではないものも含まれているが。
この中には細野晴臣の未発表曲2曲も。
あくまのはつめい と 北極。
細野晴臣の未発表曲に惹かれて購入したのだけど、正直買わなくてもよかった…。
ブックレットがまあよかったという印象。

以前書いている途中でメンテナンスの時間だったために書いたけど保存できなかった 細野晴臣 について その2、ようやく書けた。
その時書いたものとはまったく違うものとなったのだけど。