坂本龍一 について その2

高校生のとき、友達から借りたのが、メディア・バーン・ライブ をカセットテープに録ったもの。
メディア・バーンは坂本龍一のソロでは初のツアー。
当時の坂本のベスト・アルバムといっていい内容だと思う。
当時はそれなりに聴いたはず。
EX-JAZZ はちょっと苦手な曲。
ゴリラがバナナをくれる日、DEAR LIZは初音源化だし、SLEEP ON MY BABYとか当時はオリジナルがどこに収録されているか分からなかった記憶がある。

YMOが気になった頃、他の友達からB-2ユニット の入った古いカセットテープをもらった。
WAR HEADがA面のラストに、Lexington QueenがB面ラストに入ってた。
後にB-2 ユニットのCDを買ったときにそのテープは捨ててしまった。
B-2 ユニットは結構好きなアルバム。
Iconic StorageとRiot in Lagosは特に好き。

数年くらい前からドラマ 侍女の物語 ハンドメイズ・テイルがHuluでやっているが、30年位前には映画化されていて、そこでは坂本龍一が音楽を担当していた。 
1990年くらいの数年間はクリスマス時期の深夜に坂本龍一のテレビ特番があったと記憶している。
その特番のはじめかな?
坂本がハンドメイズ・テイルを演奏していて、それが好きだった。
数年後の特番ではビアノの連弾を誰かとしている映像が記憶に残っている。
結構大物な人物との連弾だったはず。
確か連弾の相手がスゴすぎてその時の坂本は押され気味だったような記憶がある。
もう一度見て見たい。
サントラは海外盤を購入したのだが、長い曲が2曲入ったサントラで、あまりちゃんと聴いていない。 
YouTubeでHandmaids Tailと検索すると上に記した特番の映像だと思うけどそれが挙がる、それが好きだなー。

そして1991年の年末だったと思う。
MIDI時代のボックスセットを購入した。
坂本龍一 コレクションというやつ。
箱を覆う裏面に坂本のビデオテープをプレゼントとか書いてあったと思うのだけど、購入時には期間切れとかでもらえなかった。
8枚組のやつで、中身(ブックレットとCD本体)をビニールのCDケースに入れて保管していたら、数年くらいしてブックレットにビニールがくっ付いてブックレットを破いてしまった。
後にアルファとMIDI時代のボックスが出ていて、ディスクユ⚪オンで中古で買った。
こっちのは10枚組で、左うでの夢からメディア・バーンまでのCDが揃うのかな。
ボックスがちゃちい出来なんだよなー。

1992年、米国にいたときにアルバム ハートビートのアメリカ盤が出た。
実は前年リリース当時に日本盤を買っていたのだけど、収録曲が好きになれなくて。
nuagesくらいかな、好きなの。
カヴァー曲らしい。
ジャケットは広げて見るやつだったけど、きちんと広げられない変な仕様だった。
きちんと見るためにハサミを入れた。
アメリカ盤はコレクションという気で買った。
私はあまり興味なくて、友達になった米国人が私が持っていたヘッドホンステレオで飛ばし飛ばし聴いていたと思ったら、なんか聴き入っていた。
ラストの曲を聴き入ったらしい。
そしたら米国盤はTAINAI KAIKIがTAINAI KAIKI IIになってボーカルもデヴィッド・シルヴィアンに代わっていた。
私も聴いて気に入ってしまった。
友人も自分でCDを買っていたしよかったよかった。
帰国したらTAINAI KAIKI IIはシングルCDになっていた。
後には坂本のベスト盤 US、デヴィッド・シルヴィアンのベスト盤Everything and NothingとA Victim of Stars 1982–2012にもそれぞれ収録されている。
個人的にも好きな曲だし、世間的にも重要曲だよね?