坂本龍一 について

昔、テレビで日曜日の朝7時とか8時くらいに、その時上映中の映画の予告編をまとめたような番組があったと思う。
15分くらいで。
まあ、番組というかCMだよね、いろんな映画館まとめての。
後にはアマデウスの予告編とかすごく印象的で。
そしてその時は戦場のメリークリスマスの予告を見ていた。
いわゆる戦メリの音楽と、ビートたけしの「メリークリスマス、メリークリスマス、ミスターローレンス」って言ってるのが印象的で。
まさかあのシーンが映画のラストシーンだったとは思わなかったよ。
あと当時は知らなかったけど、デヴィッド・ボウイが出演てのはスゴいよね。
今思えば戦メリの予告編を繰り返し見て坂本龍一の音楽を楽しんでいたんだな。
あと、坂本龍一が音楽を担当したアニメ映画、オネアミスの翼を見にいったな。

と言うことで、坂本龍一
個人的には、細野晴臣omni Sight Seeing を聴いてしばらくしてから興味を持った。
ちょうどアルバム BEAUTY がリリースされてしばらくしてから。
BEAUTY は、CMで アンドゥ が使われていたこともあり(BEAUTY ではボーカルが入って AMORE という曲になった)、非常に印象深い作品。
CALLING FROM TOKYO 、A PILE OF TIME 、ROMANCE が好き。
後に米国盤がリリースされて。
米国盤にはYOU DO ME が追加されて、ADAGIO がカットされていた。
BEAUTY は半分くらいカバー曲なんだけど、個人的には割と好きなアルバムだなー。
ちょっと訳ありで、ソニーのDATウォークマンを買って応募すると貰えたというDATテープ BEAUTY REMIXを持ってる。
聴いたことは未だにないのだけど。
DATとかどうやって聴くのさ。

この頃だろうか。
ライブ・アルバムのブレイング・ジ・オーケストラを購入した。
3枚組のボックスで、ボックスには小石(?)か何か入っているらしく、ザァーザァー音がするの。
東京交響楽団による演奏を東京NHKホールで録音されたもの。
教授がピアノ弾いたり、キーボードで小林武史もいたという。
Disc1がラスト・エンペラー、Disc2が戦場のメリークリスマスとあと数曲、Disc3は8cmCDでNEO GEO TOURのライブ音源から3曲を収録。
Disc3はボックスの箱の上ぶたに貼り付く仕様だった。
Disc3のモリコーネの1900年のカヴァーが個人的にはお気に入り。
特にこの曲はよく聴いていたな。

ところでプレイング・ジ・オーケストラ収録のコンサート「Sakamoto Plays Sakamoto」は1988年4月9日・10日に行われた。
坂本は公演終了後、ロサンゼルスに移動し、4月11日は
アカデミーの作曲賞を受賞した。
ラスト・エンペラーの音楽は坂本龍一トーキング・ヘッズデヴィッド・バーン、蘇聡(スー・ツォン)の3名によるものだが、映画では坂本の曲が印象的だった気がする。
このあとから世界のサカモトと呼ばれるようになったと思う。

ラスト・エンペラーでは坂本は音楽担当するだけでなく、
映画にも出演している。
というか映画出演が先で、撮影終了してから音楽を急に依頼されたのだという。

ところで、少し前まで 細野晴臣 について その2 を用意していたのだけど、誤って消してしまった。
それであらためて記す気が無くなって、新たにここまでを記したのだけど、明日はどうしよう。