Grass Valley について

当時、ラジオで松岡英明がオススメ的に紹介していたと思う。
それを記憶していて、レコード店で見つけたのだ。
グラス・バレーの、7インチ・レコード、片面の。
すなわち、ムーン・ヴォイスのシングル盤である。
400円だったと思う。
レコードって両面に溝があるのが普通じゃん。 
片面シングルだから、片面のみ溝があって、もう片面は溝なしでピカピカだった。
不思議な感じだったな。

そしてレコード聴くじゃん。
バラードでなく、テンポの早い曲でなく、デジタルで構築された音。
聴いたとき感情が湧かなくて、いい曲だとか全く思わず、正直騙されたと思ったよ、松岡英明に。
でも、まあそのうち慣れたのかな、そのうち好きになってた。

アルバム MOON VOICE もコマーシャルとかで曲の片鱗とか聴いて気に入ってた。
TEARFUL COLOR とか 輝くほとりに とか。
いつアルバムをちゃんと聴いたのだろう?

翌年、アルバム スタイル。
その当時も良かったけど、今聴くと好きな曲がたくさんあるアルバムですよ。
STYLE 、 STAYING HEAVEN 、 星の棲む川 、 SHINING DROPS、赤い群衆。

次のアルバム LOGOS〜行〜 すごく良い。
星のジョーカー 、IDENTITY CRISIS 、 MY LOVER 、 TRUTH。
当時テレビを買い換えて、友人が遊びに来たときにTRUTH のMVを録っていたビデオをいっしょに見た(今思うと何故?)。
その友人が新しく買ったテレビを褒めてくれたのを覚えている。
いやーTRUTHがかっこ良かったから。

次のアルバム 瓦礫の街〜SEEK FOR LOVE。
灰色のオリオン 、 瓦礫の詩人 、 インストの 原始と未来 が好き。
当時、カセットテープとかに、 インストの 原始と未来 、続いて 灰色のオリオン を入れる。
最強のマイカセットテープのスタートはこれで決まりだったなー。
グラスバレーは基本、本田恭之が曲を書いていて、そこに上領亘の曲も増えてきて、この両者の曲いいなあと思っていたら上領亘、脱退ですよ。
本当、残念。
実は最後のアルバムとなった at GRASS VALLEY は未だに聴いたことがない。
ここまでのアルバムよかったのにー。

バンド解散後には、出口雅之はREVとしてビーイングよりソロデビュー。
結構ヒットしてたと思うけど、ビックリだよね。
上領亘は、ソフトバレエのサポートドラマー、P-MODELのドラマーとなったり。
これもビックリ。
本田恭之 は、本田海月と改名して聖飢魔IIエース清水face to ace で活動したり。

それにしてもグラスバレーってすごく好きな曲とかやってたのになー。
そろそろボックス買おうかなーソニーミュージックショップで出たの。