oasis について

グラス・バレーのベスト盤とMV集が発売される。
Disc1にベスト盤、Disc2にMV集というCD+Blu-ray Discという仕様で来年3月にSonymusicshop限定で発売される。
CDの収録曲はすでに発表されているが、Blu-ray Discの方は後日発表されるという。
CDの選曲には納得できるけど、曲順がえ!?という感じなのだけど。
灰色のオリオンがラストで良いのだろうか?
曲順はこれで決まりなの?
あと価格。
CD+Blu-rayで税込6600円とか。
およそ2倍でグラス・バレーのCD BOX(CD6枚組)が買えるではないですか!
グラス・バレーの既発表の全曲が入ったCD BOX。
これはCD BOXを買え!ということなのだろうか?

そういえばソフトバレエのCD BOXもかつて発売されていた。
1995年までのアルファ期とビクター期の全ての音源が収録された11枚組CD/全141曲で藤井麻輝全面監修。
何故かアルバムごとではなく曲名でAからZまで順に並べた仕様というのでこちらの購入意欲は絶たれてしまったのだけど。
でも、完売したからなぁ~。

少し前に部屋を掃除していて、アラン・マッギーなどクリエイション・レコーズの人々のインタビュー本のクリエイション・レコーズ物語を見つけたので読み返したりした。
読み返してオアシス発見という章はあるけど、意外にオアシス自体の記述は少ないと感じた。
アラン・マッギーがオアシスを見つけてデビューさせて少し後までは割と親密な関係だったようだが、オアシスがすぐにビッグな存在になってからは関わりが少なくなったことも記述があまりないということになったのかもしれない。
個人的にはプライマル・スクリームのがクリエイションという感じがするし、オアシスは国内盤を買うことが多かったのでオアシスはクリエイションというより普通にエピック・ソニーという感じ。
まあ、プライマル・スクリームだって今も(当時の)コロンビアとかソニーというイメージが強いのだけど。

オアシスがデビューしてしばらくした頃、喫茶店で他の客がテーブルでオアシスの話をしていたのを記憶している。
とは言っても「オアシスが ~」と言ってるようなのが聞こえただけで話はさっぱり分からなかったのだけど。
ああ、オアシスか、人気あるのだな、とか思っていた。

オアシスがデビューして、しばらくはその音はなんとなくラジオなどで聴いていたのだけど、いい曲だな、と気付くのにしばらく時間がかかってしまった。
実際にはじめてオアシスのアルバムを購入したのは、モーニング・グローリー。
Roll With It を聴いてノリのいい曲だなと思った。
そしてモーニング・グローリーの前にすでに発売済みだっWhateverが好き。
当時、そのシングルCDを国内盤で購入した。
収録曲のFade AwayやHalf the World Away もまあ気に入った。

アルバム モーニング・グローリーは、 Don't Look Back in Anger、Some Might Say、Morning Gloryが特に好き。

デビュー・アルバム もその頃に聴いたはずだけど、その時はオアシスの良さがサッパリ分からなかった。
その後、1998年くらいになってようやくRock 'n' Roll Star、Shakermaker、Supersonic、Live Foreverの良さがわかってきた。

1996年にはノエル・ギャラガーがボーカルに参加したケミカル・ブラザーズのSetting sunが大ヒット。
この曲で個人的にはオアシスをちゃんと聴かなくちゃ、とか思ったのを記憶している。

サード・アルバム ビィ・ヒア・ナウ。
サッパリ良さが分からないのだけど。
Stand By Me、All Around the Worldくらいかなー、好きな曲と言えるのは。
クリエイション物語には ビィ・ヒア・ナウ についてそれぞれの曲を1、2分カットすれば良くなるみたいなこと書かれていたけど、そんなものだろうか?

アルバム ザ・マスタープラン。
いわゆるシングルのB面曲のベスト盤。
Acquiesce、Fade Away、そして The Masterplan が好き。

オアシスは個人的に不思議なバンドだと思っている。