PANTERA について

パンテラ
初めて聴いたのは米国に留学していたときだった。
MTVのHeadbangers Ball で、By Demons Be Drivenの一部を切り取ってジングルに使用されていたのを覚えている。
あとでも触れるが、この曲、大好き。

米国でパンテラに触れたが、アルバムを購入したのは、日本に帰国してから。
そう持っているCDが言っている。
だって、日本盤だから。
すでにアルバムを聴いていたはずだが、何故、米国滞在時に買っていないのだろう?
ちょっと分からない、覚えていない。

それはともかく、アルバム俗悪、めっちゃ好きなアルバムで。
Mouth for War、Fucking Hostile 、This Love、 9曲目からラストまで、すなわち、Live in a Hole 、 Regular People (Conceit) 、 By Demons Be Driven 、 Hollow まで好き。
特にMouth for War 、 By Demons Be Driven が良い。
Hollow は最初、ああ、ラストの曲はロッカバラードで閉めるのね、とか思ったら、とんでもなかった。

パンテラは、いわゆるヘビメタの直線的な音でなく、グルーブを持ったリズムがスゴく魅力的で、なんかHR/HMという枠に入れられるのは違う気がするんだよね。

次の 悩殺 もスゴかった。
Strength Beyond Strength 、 7曲目から11曲目 Slaughtered 、 25 Years 、 Shedding Skin 、 Use My Third Arm 、 Throes of Rejection が好き。
Planet Carava が聴こえたら、戻す(笑)

俗悪と悩殺が大好きで、たぶん評価の高い Cowboys from Hell はあんまり。
何故かはよく分からない。

次の 鎌首 悪くないアルバムだと思うんだけど、コレといって好きな曲はない。
個人的に蛇が苦手でジャケで敬遠しているのかも知れない。

次の 撃鉄 は、Revolution Is My Nameくらいかな、好きなの。

それにしても楽しませてもらって感謝だね。
ダイムバック・ダレルヴィニー・ポール、早すぎるよ。
ところで 悩殺 のアナログ盤、欲しくて一年くらい探してたんだよ。
今、さらに高くなってるようだ。
お尻。