ROXY MUSIC について

私はどちらかと言えばロキシー・ミュージックよりもブライアン・フェリーのソロが好きだ。
個人的にはアルバム ボーイズ・アンド・ガールズ は最高傑作の一枚に挙げられるほど大好き。
ブライアン・フェリーははじめ、もしかしたらテレビで見たCMで気になったのかも知れないし、アルバム ベイト・ノワール発表時の雑誌ポップ・ギアの記事で気になったのかも知れない。
その時にはすでにロキシー・ミュージックのLove is the Drugをクロスオーバー・イレブンで聴いていた。
クロスオーバー・イレブンでは比較的Love is the Drugがよくエアプレイされていたと思う。
それはともかく、私がとてもイケメンだった大学生の頃、ブライアン・フェリーとロキシー・ミュージックのベスト盤アルティメイト・コレクションを国内盤で買った。
ベスト盤アルティメイト・コレクションを聴いてDon't Stop the Danceが好きになった。
それでDon't Stop the Danceが収録されていたアルバム ボーイズ・アンド・ガールズを購入したはず。
輸入盤で。
その後にアルバム ベイト・ノワールを購入した。
輸入盤で。

あと、ロキシー・ミュージックジョン・レノンのJealous Guyのカバーも好き。
ジョン・レノンのオリジナルよりも。
ちなみにロキシー・ミュージックはJealous Guyをジョン・レノンが亡くなってすぐに出演したテレビで歌った。
それが好評だったことからJealous Guyをレコーディングしてシングルとしてリリースしたらしい。

ところで私はイケメンな大学生だったわけだが、実は同じ高校に通っていたのだけどずっとクラスが違ったせいか全く面識がなかった木谷君と大学生になってから仲がよくなった。
木谷君とは学部は違っていたけど、家が比較的近くだった。
ある時から木谷君が車で通学することになって、学校の帰りには時々車に乗せてもらっていた。
もちろん時々はガス代を私が支払ったり。
木谷君とは単発のバイトなどもよく一緒に行っていたなー。
車のなかでは木谷君の編集したカセットテープを聴かせてもらっていた。
だいたいはTM NETWORKとかTM NETWORKとかTM NETWORKとか聴いていたわけだが、ある時、木谷君のカセットテープには洋楽を編集したのが入っていて、その中にはロキシー・ミュージックのThe Main Thingが含まれていた。
ちなみに他にウルトラヴォックスのSleep Walkが入っていたのを覚えている。
ロキシー・ミュージックのThe Main Thingをはじめて聴いて私はすっかりこの曲を気に入ってしまった。
曲名を教えてもらい、すぐにロキシー・ミュージックのアルバム アヴァロンのCDを購入した。
輸入盤で。
名盤として名高いアルバム アヴァロン。
当時でもアヴァロンはすでに名盤扱いされていた。
だけどその時の私にはアヴァロンが名盤とまでは思えなかった。

それからしばらくして何故かベスト盤のブライアン・フェリーとロキシー・ミュージックのベスト盤のストリート・ライフ (20グレート・ヒッツ)を買った。
輸入盤で。
もしかしたらアルティメイト・コレクションよりもロキシー・ミュージックからの曲が多かったから購入したのかもしれない。
ベッドに寝転がってヘッドホンで聴いていたのだけど、そのうちにSame Old Sceneを繰り返して聴くようになった。
気に入ってしまった。
それでSame Old Sceneが収録されていたアルバム フレッシュ・アンド・ブラッドを購入した。
輸入盤で。

それから数年経って、1998年頃。
ロキシー・ミュージックのボックス・セット、Thrill Of It All 72-82 を確かレコファンで中古で見つけて購入した。
もちろん輸入盤で。
CD4枚組で全67曲収録のボックス・セット。
確かロキシー・ミュージックの全スタジオ録音曲の80パーセントほどをまとめたボックスだったはず。
この時はロキシー・ミュージックはもうこれで充分だろうと思って買ったのだった。

1999年頃になって。
ロキシー・ミュージックの各アルバムがリマスターされた。
まず個人的にはアルバム フレッシュ・アンド・ブラッド、アルバム アヴァロンのリマスター盤をレコファンで購入した。
輸入盤で。
しばらくしてアルバム マニフェストの紙ジャケをレコファンで見つけたので購入。
こちらもリマスター盤の輸入盤。
どうも私は後期のロキシー・ミュージックが好みらしい。
その後、ブライアン・フェリーのボーイズ・アンド・ガールズ、ベイト・ノワールのリマスター盤が出ていたので購入した。

2012年になって。
ロキシー・ミュージックのthe complete studio recordingsを購入した。
輸入盤で。
CD10枚組のロキシー・ミュージックの全スタジオ音源のボックス・セット。
確かはじめは全アルバムのCD8枚に全アルバムのハイレゾ音源をDVD4枚に収録したのものが付くというアナウンスだったと思うのだけど、そのうちにハイレゾのDVDという話は消えて結局、全スタジオ・アルバムCD8枚+ボーナストラックをまとめたCD2枚の計10枚組となった。
ちょうど宇宙戦艦ヤマト2199の第1話・第2話を映画館で公開時に並んで待っていた時にケータイでAmazonで予約したことを覚えている。
価格は意外と安かった。
このロキシー・ミュージックのボックス・セット、実は廉価盤セットとして発売されたらしい。
CDとジャケットは(輸入盤としては)きっちりと作られているが、ブックレットなどは一切なし。
オリジナル・アナログ・マスターからのフラット・トランスファーという仕様で音量は低いながらもマスター・テープに近い音質に仕上げたものと当時は喧伝されたと思う。
ボーナス・トラックをまとめたCD2枚はシングルズ、Bサイズ・アンド・オルタナティヴ・ミキシズと題され、デビュー・シングルのヴァージニア・プレイン、シングルのジェラス・ガイ、様々な7インチ・ミックス、7インチ・ヴァージョン、12インチ・ヴァージョンなどが収められている。
あと、この時だったかブライアン・フェリーはインタビューでフェリー自身のソロのボックスも同じ仕様で発売すると言っていた気がするのだが、いまだブライアン・フェリーのソロ・ボックスは世に出ていない。
ブライアン・フェリーのソロのボックスか。
欲しい。
と思うのだけど、ボーイズ・アンド・ガールズとベイト・ノワールとカヴァー曲のI Put a Spell on Youくらいだからな好きなの。
あとオリンピアとアヴォンモアが気になる。
未発表アルバムとなった ホロスコープアルファヴィル(もはや残骸なのかもしれないけど)を含むボックスなら出たら絶対に買う。

そして2022年。
つい先日である。
部屋の掃除をしていたら、ボックス・セット the complete studio recordingsが出てきた。
これは私にきちんとすべてのアルバムを聴けということだろうか?

ところで、2018年にロキシー・ミュージックのファースト・アルバムのスーパー・デラックス・エディションが発売されている。
CD3枚+DVDという仕様で、12インチ・サイズのボックスに収納されているという。
DVDには映像のほかにもファースト・アルバムの5.1ミックスも収録されている。
同じ仕様でアルバム フォー・ユア・プレジャー~アルバム アヴァロンまで出るのかなと思っていたのだが、ファースト・アルバム以降は出ていない。
昨今のコロナのせいで遅れているのだろうか?
確かファースト・アルバムのスーパー・デラックス・エディションが出た時には既にアルバム フォー・ユア・プレジャーのスーパー・デラックス・エディションのためのリマスターは済ましているという記事を見た記憶もあるのだけど。

それはともかく、私自身としてはロキシー・ミュージックのボックス・セットに向かいあい、きちんと全部を聴かなければとか思っている。
他にもポリスのアルバム・ボックス、メッセージ・イン・ア・ボックス ポリス・ヒストリーとかスティーリー・ダンのアルバム・ボックス、シチズンとかエコバニの4枚組ボックス、ジョージ・ウィンストンのボックスとかも発掘したので、これらもきちんと聴かなければ、とか思っている…。

そういえばロキシー・ミュージックには初期にブライアン・イーノが在籍したことをひと言も書けなかった。
まあ、たいしたことは書けないのだけど。