YMO について その2

しぱし個人的な思い出話を。
1991年に私は関西では割と知名度のある職場でアルバイトしていた。
身分的には大学生だったけど、出席を取る授業だけは出て、あとの時間はアルバイトに多くを費やしていたような学生だった。
今の学生はキチンと授業に出ていると聞くから本当に頭が下がる。
バイト先には近くにはCD店があり、昼食のあとはそこに通っていたことを思い出す。
その店では松岡英明フリッパーズ・ギター筋肉少女帯ニュー・オーダーのCDなどを買ったなー。
そして夏頃だろうか。
YMOのアルバム、サーヴィス もそこで購入した。
職場で仕事が終わった後、年齢の近い人たち数人と一緒に
CDラジカセで、 サーヴィス のS.E.T.スーパー・エキセントリック・シアター)のところを一緒に聴いたのを覚えている。
結構、受けていたと思う。
YMO +S.E.T. のところとか、ハンコを鼻に「詰めました」ところとか。
あと、高橋幸宏のアルファ期のCDもその時期に購入した。WHAT, ME WORRY? ボク、大丈夫!! のIT'S GONNA WORK OUTを聴いては気分はノリノリで働いていたものだ。
ところでその職場では、その社長の息子さんも大学生で、一緒に働いたりして私たちとも仲良くなった。
意外と対応は下手で私たちと接してくれて、なかなかナイスガイだった。
他にも立派な企業の方々がそこで研修として働いたりして、こちらも勉強になった。
いい人が多かった。
人によっては休日に自宅に呼んでもらったり。
ちなみに、そのバイト先は数年後には倒産してしまったのだけど。

浮気なぼくら。
EXPECTED WAY/希望の路 、LOTUS LOVE 、 KAI-KOH/邂逅 、 WILD AMBITIONS が好き。
何故だろう、当時はインスト盤も買ってしまった。
そのうち、インスト盤との2枚組で強制的に買わされるようになるのだが。

サーヴィス。
THE MADMEN 、 SEE-THROUGH が好き。

アフター・サーヴィス。
WILD AMBITIONS くらいかなー、好きなの。
実はライブ盤は、あまり好きでない。
パブリック・プレッシャー とか。
まあ、この後アルファ商法とかで散々買わされることになるのだけど。

個人的にはYMOはずっと散開後に聴き始めたのだけど、リアルタイムで聴いたのがアルバム テクノドン になる。