KRAFTWERK について

初めて聴いたのはいつだろう?
私が洋楽を聴くようになってからクラフトワークの名前はいつもどこかで接したような。
たしかペヨトル工房銀星倶楽部テクノポップ特集号でインタビュー(この時送付したインタビューへの回答がヴォコーダーの音声で答えたテープか何かで返ってきたらしい)を読んだ覚えがある。
あと私のアメリカ滞在時、MTVでテクノポップリバイバル的なアレでクラフトワークがごく短く紹介されていて、AUTOBAHN が流れていた記憶も。
比較的最近では、アニメ版ウィッチクラフトワークスのCDのジャケットなどでクラフトワークのパロディとか。
個人的にはたぶん、アルバム THE MIX でクラフトワークを聴いたのが初めてだろうか?
クラフトワークの代表曲がその時点でのアップデートされた音でまとめて聴けて便利だった。
アルバム放射線なんて当時でも古いというか、時代を感じさせる音だもんなー。

1999年頃にシングルCD化されたので、その時に初めて聴いたよ、Tour de France
そして2000年にはEXPO2000のシングルCDとか出たので購入。(EXPO2000は後にPlanet of Visions と改題されている。)
この頃はレコファンをよく利用していたなー。
そして2003年には アルバム Tour de France Soundtracks ツール・ド・フランスサウンドトラックがリリースされた。
買ったなー、日本盤。

あとこの時期にクラフトワークの初期3作のCDを購入したはず。
タ⚪ーレコードで。
初期3作は未だに正規にCD化したことがないらしい。
前身バンドのTone Float も買ったなー。
その前身バンドの名前は読めない。
日本人的には厳しい名前ではなかろうか。

2005年にはライブ盤のミニマム・マキシマム。
数年後してから買った。
このアルバムで初めて The Man-Machine がいい曲だと気付いた。
それ以来、個人的に一番好きなクラフトワークの曲になった。

2009年にはボックス、ザ・カタログってのが出たので買った。
さすがにドイツ語版は買っていない。(今ではドイツ語版も配信されているらしいしさ。)
ザ・カタログが発売された時以降、アルバム エレクトリック・カフェはテクノ・ポップと改題された。
そして、アルバムコンピューター・ワールドからは電卓がオミットされた。
日本盤にも入っていない。
ちょっと日本人的にはこれってどーよ、とか思っているのだけど。
個人的にはコンピューター・ワールドの旧盤は輸入盤しか持っていないんだよね。
というか、ツール・ド・フランスサウンドトラック以外はクラフトワークは輸入盤しか持っていない。
クラフトワークで持っている唯一の日本盤なんだよね、ツール・ド・フランスサウンドトラックは。