THOMPSON TWINS について

中学3年の秋か冬。
ラジオを聴きながら受験勉強をしていた。
ところで現代でもやはり受験生は勉強時にラジオを聴いたりするのだろうか?
当時はワム!のフリーダムがヒットしていてラジオでもよく流れていた。
フリーダムの歌詞を覚えて、学校で友人と歌い合ったのを思い出す。
受験時に私はなに阿呆なことをしていたのだろうか?

そして高校生になってから、洋楽によく接するようになる。
ラジオとかでよく洋楽がかかっていたし、個人的にはレンタルレコードとか。
その頃人気があったのが、トンプソン・ツインズだった。
たぶん初めて好きになった洋楽のグループじゃないかな。
レコードを買った。
フューチャー・デイズ。
過去作についてはレンタルレコードで借りた。

テレビの深夜放送で確か月一回、洋楽のアーティストのPVを特集していて、トンプソン・ツインズも放送されていた。
この番組でヒット曲はほぼ把握出来た。
トンプソン・ツインズはこの日本でも人気があったのだ。
TVのCMにも出ていた。
カセットテープのCMで、商品にはトンプソン・ツインズのインデックスカードがついたりした。

トンプソン・ツインズには、LIESでジャパン!というフレーズがあったり(その直後、中国っぽいフレーズが流れたりするのだが)、KAMIKAZE や TOKYO というタイトルの曲があったりした。

大人気だったのだが、その後メンバーのジョー・リーウェイが脱退。
確か俳優になるという理由で。
二人組となったトンプソン・ツインズは徐々に人気が落ちてしまった。
80年代の終わり頃、ロンドンに行った小室哲哉がトンプソン・ツインズのプライベート・スタジオでデモテープを作ったり、といったところでトンプソン・ツインズの名前が挙がったり。
そしてトンプソン・ツインズは解散した。

2000年代になると、アルバムがリマスターされたり、トム・ベイリーがアルバム出したり。
個人的にはリマスターの2枚組のサイド・キックス、ホールド・ミー・ナウは買えたけど、フューチャーデイズが買えていない。
リマスター揃えられてないから、5枚組のOriginal Classic Albumsてのを持っている。
5枚組のうちどれか忘れたけどジャケに「日本盤」とか書いている。
どうも、それだけジャケの写真に日本盤が使われたらしい。

初期の7人時代では In the Name of Love 、サイド・キックス では Love On Your Side 、All Fall Out が好き。
ホールド・ミー・ナウ では、Doctor! Doctor!、Into the Gap が好き。
フューチャー・デイズ では、 Lay Your Hands on Me 、Breakaway が好き。
クロース・トウ・ザ・ボーンでは、Follow Your Heart くらいかな。
アルバムでは最後の曲がいいの多い印象があるんだよね、トンプソン・ツインズは。