UP-BEAT について

人生というのは長い道のりなんだなー。

いきなりなんだが、それなりに音楽とか聴いていて、そのミュージシャンとか気になるのだが、そのミュージシャンを長く追うには難しい。
何十年と追いかけるとかなかなかない。
個人的にはライブとかほとんどいかないんだけどさ、ライブとかずっとやっていると聞くと気になったりする。
で、2016年からやっているrespect up-beatというのが気になっていたりする。
ボーカリストとして広石が自ら歌っているのだが、広石の他はUP-BEATの元メンバーの姿はない。

UP-BEAT。
個人的にはたぶん inner ocean というアルバムが好き。
Time Bomb とか NEW DREAM 〜BAD MOON RISING〜が今でも好き。
あとShadow Dance in Blue Glass(ベースの水江慎一郎・作曲)。
そしてWax and wane 〜月を売った女神〜(ホッピー神山・作曲)とか。

サードアルバム HERMIT COMPLEX も好きな曲が多い。
Two Alone、Blind Age を筆頭に、Dried Flower、
Mode Insaneとか。
Blind Ageは名曲過ぎるでしょ。

つづく UNDER THE SUN。
タイトル曲、ONCE AGAIN、TEARS OF RAINBOWとかが好き。
ほんと、聴きどころ多いバンドだよなー。

HAMMER MUSIC はこの時期までのベストアルバム。
あらためてミックスダウンが行われたのだが、初期のシングルB面のBlack & Redが収められていて、はじめてこのアルバムで聴いて気に入った。

個人的にはこのあたりまでが好きだった。
このあとメンバーが3人になってからはあまり好きな曲とかは無く。
とはいえ、アルバムはずっと購入してたりする。
もちろん2枚組のベストアルバムも。
ただし、のちに1から5枚目まではリマスターされたのだけど、気が付いたら廃盤で今でも買えていない。

プロデューサーには佐久間正英が多く関わり、デビュー時やバンドがメンバー3人になってからもホッピー神山が関わっていた。

あと、Kiss in the moonlight がキャリア通じていちばんのヒット曲とかになるのだろうか。
でも他にたくさんいい曲あると思う。 
個人的に Kiss in the moonlight ってあんまり好きでなくて。

ところで、デビュー曲 Kiss...いきなり天国 がなんと作曲 大沢誉志幸という当時のなんというか洗礼というか。
こういうところからはじまったバンドなんだよね、UP-BEATって。